Select Page

蔵王キツネ村

蔵王キツネ村

日本には「キツネの嫁入り」という言葉がありますが、フランスには「これキツネだ!(ça renarde)」と言う表現があります。どう意味かわかりますか?
「臭うよ!」日本の方がキツネの待遇はいいかもしれません。
でも、どちらの表現が、本当のキツネを表しているのか?キツネ村で確かめてみるのはいかがでしょうか。

animal, asia, fox, japan, japanese, miyagi, natural, nature, religion, religious, shinto, snow, spiritual, tohoku, tori, winter

蔵王キツネ村の中心には、お稲荷さんの鳥居があり、狐も通ります。狐は、お稲荷さんの使者ですもんね。

animal, asia, fox, japan, japanese, miyagi, natural, nature, snow, tohoku, winter

神様の使者への供え物は、お酒やお米が一般的ですが、ここでは不要。こんな可愛い顔してますが、キツネは大食漢。いつでも何を欲しがっていますから、手を差し出せば、噛み付かれてしまいます。

animal, asia, fox, japan, japanese, miyagi, natural, nature, snow, tohoku, winter

どうしても餌をあげたい場合は、キツネ専用の餌(100円)をあげましょう。餌を介して、お近づきになります。でも、どうぞ気をつくてくださいね。

animal, asia, fox, japan, japanese, miyagi, natural, nature, snow, tohoku, winter

それにしてもキツネは本当に可愛いですよね?キツネに興味があるなら、キツネ村は絶好の場所です。自然豊かな場所でキツネを観察したり、近づいたりできるのですから。ちなみに私は、過去に何回か野生のキツネに遭遇したことがあります(群馬、四国、北海道、長野など)が、近づいていっても逃げませんでした。おそらく、地元の人から餌をもらったりしていて、人に慣れていたのだと思います。

animal, asia, fox, japan, japanese, miyagi, natural, nature, snow, tohoku, winter

さて、今回の本題。フランスの「これキツネだ!(ça renarde)」は正しい表現か?
実際、アンモニが染み込んだドリアンの様な臭いだと思いました。
「キツネの嫁入り」は出会わなかったので、フランスの表現の方が正しいかもしれません♫

animal, asia, fox, japan, japanese, miyagi, natural, nature, snow, tohoku, winter

入場料は1000円です。場所は、近くにスキー場や樹氷ツアーなどがある山林地帯。冬のレジャーのついでに寄るのも良いかもしれません。

Gallerie Photos

キツネ村に関する最新情報は、 こちらをどうぞ!

はじめまして

私は日本在住のフランスの写真家のJordy Meowと申します。私は日本に来たり日本に滞在する外国人のために、風変わりであまり有名でない場所の情報を見つけたりシェアしたいと思っています。私は書籍を出版したこともございますし、現在は綺麗なガイドブックのシリーズを新たに準備しているところです。