Futuro House
Futuro House

廃墟「FUTURO」UFOハウス

トトロ だったら、朝風とともに散歩をして人知れずふわりふわりと降り立つでしょう。

 でも、こちらは地に足をしっかりつけながら、目的地に進みます。どこもかしかも朝露キラキラ、森の朝の光景です。.

Futuro House

日本のUFO

人影はなく聞こえるのは鳥のさえずりだけ。落ち葉を踏みしめる音が響きます。だけど、ほら。耳をすませばUFOからの不思議な音も聞こえてきそうでしょう?

Futuro House

反対側に回ってみると、青い階段が縁を割るように出ていました。当然中に入りたいのだけれど、足が止まります。だって、一体誰が出てくるのでしょう?もしかして宇宙人?それはやめてほしい。。。だって言葉にできないぐらい怖いでしょう?でも、お気に入りのフランス映画 La soupe aux choux のような宇宙人だったら楽しいかも♫
眩しい朝の光で我に返り、いざ中へ!

Futuro House

家主はお留守でした。でも、ほら!宇宙旅行に向けての準備は万端。心地よさ気な寝椅子、銀河をみるために窓、そして、寒い宇宙に備えて暖炉まで。

Futuro House

でも、なぜこんな素敵な宇宙船が地球にあるのでしょう?気になりませんか?

Futuro House

こちらは、Futuro Houseと呼ばれる「携帯型ハウス」。1968年にフィンランドの建築家Matti Suuronenに設計されたものです。

Futuro House

おそらく日本だとFuturo Houseは、この一棟だけでしょう。廃墟愛好家のMichael Gakuranによると、当初は解体予定だったこちらの家を、とある日本人が販売目的で購入し、こちらに移動させたものの、買い手がつかづそのまま廃墟となったとのことです。

Futuro House

Futuro houseもまた、離陸できずに失敗したもよう。中銀カプセルタワーを彷彿させますね。ご存じない方は、こちらの記事をどうぞ → 中銀カプセルタワー

Futuro House

はじめまして

私は日本在住のフランスの写真家のJordy Meowと申します。私は日本に来たり日本に滞在する外国人のために、風変わりであまり有名でない場所の情報を見つけたりシェアしたいと思っています。私は書籍を出版したこともございますし、現在は綺麗なガイドブックのシリーズを新たに準備しているところです。

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins
There has been a problem with your Instagram Feed.